個人再生

競馬や競艇競輪の控除率が勝てない仕組みを作っているという大事な話

競馬や競艇競輪などは勝つのが難しいですよね。私も勝てない経験を何千回とし、何度も借金をしてきました。

なぜ、勝てないのか仕組みを解説します。勝てない仕組みを知りたい方だけご覧になってくださいね。

競馬や競艇競輪が勝てない仕組み

実は競馬や競艇競輪で負けるのは、あなたのせいではありません。

勝てない理由は『公営競技の仕組み』が勝てないようになっているからです。言いかえると胴元だけ(一握りのプロを除く)が、儲ける仕組みになっています。

勝てない仕組みの上に、予想方法や買い方、個人のお財布事情などが合わさり、ギャンブル性が高くなっていると言っていいでしょう。

競馬や競艇競輪は、控除率があるマイナスサムゲームという本質を必ず知っておいてください。

長く公営競技をやっていると、今日は勝つかもしれないって思いますよね。どんなに調子がよくて勝つときがあったとしても、最後にはお財布が空っぽになります。マイナスサムゲームでは当然の話ということです。

競馬や競艇競輪はマイナスサムゲーム

マイナスサムゲームとは、プレイヤーの投資率よりも回収率が低くなります。胴元が手数料を取っている運営システムだから公営競技はマイナスサムゲームに入ります。

お客さんが投票した馬券のうち、控除率の分が胴元の利益です。一方で投票された残りのお金が配当として、当てたお客さんに戻るようになっています。

プレイヤーが手数料を払ってお金の奪い合いをしているのが公営競技と考えて間違いではないでしょう。

勝てない理由をオッズで解説

控除率30%のオッズ
控除率0%のオッズ

控除率30%のオートレースで解説しますね。控除率があるから平均的にお客さんは7割しか回収できません。

控除率30%のオッズは、実際にあったオートレースの2連単のオッズを示しています。控除率0%のオッズは、実際のオッズから胴元が手数料をとらなかった場合のオッズを算出しています。絵のオッズの差が勝てない理由です。常に払戻が少ないので、勝つ日があったとしてもTotal収支はマイナスになります。(プロは除く)

ありえない話ではありますが、胴元が利益を考えないで投票をすべて還元したときには、平均で10割回収できるため大きく負けることはなくなります。

理解いただきたいポイントは、マイナスサムゲームで勝つのは至難の業という事実です。公営競技はプロや一部の凄腕プレイヤーしか、Total収支がプラスになりません。プロを目指す方以外で儲けようと思ったらクソ努力するか、あるいはあきらめてください。マイナスサムゲームを熟知している一握りのプレイヤーしか勝てない仕組みです。

この事実に気付けるかで、今後のあなたの人生は変わってくると思っています。楽しいから借金をまだまだ増やすぞっていう方は投票に・・・。

もし家族に内緒の借金がある方は、この後も読まれてください。↓↓↓

債務整理をバレないようにするコツ

あまり知られていないことですが、債務整理(借金)を家族にバレないようにするコツは弁護士に相談です。

おまとめローンは借金が増えて、書類も家に届くためほぼほぼバレます。

いま、なんとか返済できている方は公営競技を完全に止めることで、きっと助かる道が残されています。

もし、今後も借金を隠そうとし、取り戻そうとすれば『やればやるほど、時間が経てばたつほど、借金が膨らんでいくでしょう』最後には借金が膨らみすぎるて、さらに苦しい未来しか待っていません。

『今ヤバイ』と気づけたら、弁護士に相談してみようかというのを頭の中に入れてみてくださいね。

繰り返しますが、借金の相談は自分で解決しようとすればするほどドツボにはまります。なぜなら、借金⇒隠す⇒借金のループの中に入っているからです。

この記事のまとめ

公営競技で負けるのはあなたのせいではありません。勝てる仕組みになっていないから負けるのです。

続けるのが無駄と言う事実に気付き、かつ借金の整理なんとかしなければいけない方は弁護士に相談という選択を視野にいれておいてください。

さいごに、借金を返済できるようにしたいという方には債務整理がよいです。

でも、どうしようもないくらいの借金をどうにかするならばこちらの記事にある個人再生を弁護士と一緒に検討するほうが合っています。

-個人再生
-,

© 2022 オカマナ