体験談

フロントガラスはなぜ凍る?凍結対策で朝ゆっくりできる

凍結した木

貴重な朝の時間に車のフロントガラスが凍っている「めんどくさ~」ってなりますね。

冷えた朝はバリッバリです。

なぜ凍るのでしょうか?

この氷はどうやって解かしていますか?

ここでは、フロントガラスかなぜ凍るのかを知っていれば対策が練れます。

間違った氷の解かし方をしているかもしれないので、読んでみてください。

スポンサーリンク

フロントガラスはなぜ凍るの?

バリッバリに凍るのは、大気中の水蒸気が夜間に冷えてフロントガラスにくっつき氷になるからです。

つまり霜が降った状態

凍る、それとも凍らないは、放射冷却の有無によっても決まります。

晴れた日の朝は寒いですよね。これは太陽によって暖められた熱が、夜の間に地表から空へと逃げていくからです。温度が下がり0℃でフロントガラスに触れた水蒸気が凍ります。

一方で、曇りの日は雲が空へ逃げていく熱を遮ります。遮ると温度が0℃にならないため凍りません。

ということは、フロントガラスが凍ることは前日からある程度予測できます。

よく晴れて朝冷え込むと(=放射冷却で)フロントガラスが凍ります。

スポンサーリンク

フロントガラスの凍結対策

フロントガラスの凍結対策は、水蒸気を触れさせないことが一番良いです。

方法としては、屋根つきの車庫入れる凍結防止シートで防ぐというのがあります。現実的なのは凍結防止シートです。

凍結シートを使うとどうなるか。

【朝取り外してエンジンをかけて出発できる】

フロントガラスの氷を溶かす時間を家の中でゆっくりする時間に置き換えてはいかがですか。

間違った氷の溶かし方をしていませんか?

間違った氷の溶かし方はお湯です。

お湯はフロントガラスにヒビが入る可能性があります。(既にヒビがあるところは広がるかもしれない)

ガラスというのは目に見えないヒビが潜んでいるケースもあります。(ガラスは少しの衝撃で傷が付きます。衝撃とは、走行中に当たった小石や砂、木片のことです。)目には見えない傷にお湯がかかって小さなヒビが入ることも考えられます。

なので、お湯はリスクが高いです。

もし、お湯をかけたとしても寒い日はすぐに冷えて水分が一瞬で凍り、フロントガラスに薄い氷の膜ができます。そのため、大量のお湯が必要になります。

それでも、急ぐならば30℃くらいの水と暖機を併用して氷を溶かすようにするといいかもしれません。

自分が経験したのは、フロントガラスに水分が残っている状態で走行したら直ぐに薄い氷の膜ができて前方が見えなくなったことがあります。水を使った場合は、ワイパーでしっかりと水切りしてください。あとは、車内をしっかりと暖めてから車を出すようにしましょう。

さいごに

自分は失敗をしてからは、フロントガラスは暖機でゆっくり解かします。なぜかというと、ガラスに負荷をかけたくないのと走行中にフロントガラスが凍ることが怖いからです。

もし、日常的にフロントガラスの霜を防ぐなら凍結対策シートを使います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-体験談
-,

© 2020 リュウスログ