美容と健康

【確実】ランニングより筋トレダイエットがおすすめ【初心者向け】

ダイエットするならば効率よく痩せたいと考えますよね。

お腹まわりがやばくなるまえに絶対に痩せたいところです。

どうやったら痩せれるのか。

ダイエット初心者が痩せるために知ってほしいことを紹介しています。

ランニングより筋トレがダイエットにはおすすめの理由を読んでみてください。

スポンサーリンク

ランニングより筋トレでダイエットがおすすめ理想の体を造る


運動と言えばランニングが良いと思いませんか。

けれども、理由は筋肉を造りながら理想的な体型を目指せる筋トレでダイエットするほうがいいですね。

スポンサーリンク

ランニングと筋トレの違い

ランニングと筋トレ違いは有酸素運動と無酸素運動になります。

ランニングは有酸素運動
即効で減量したいときは、食事制限とランニングの合わせたダイエットで体をしぼります。

しかし、これはかなり強い気持ちがないと続かないダイエット方法です。

お腹が空いた状態でランニングを続けると普通の人だと最初だけでおわると思います。継続するには強い強い目標や強靭な精神力がいるのがランニングダイエットになります。

食事制限とランニングが向かう体
長距離の陸上の選手をイメージしてみてください。細くて、痩せ型の体型ですよね。

ランニングダイエットをしたときの体は、このスタイルに向かっていくと思ってください。

お腹まわりが太くてBMIが30以上ならば、まずはウォーキング、そしてランニングをおすすめします。理由は、食事制限とランニング合わせるので痩るスピードは速いからです。

BMI計算式:体重×10000/(身長×身長)※体重kg、身長cmで入力

一方で筋トレ無酸素運動

筋トレの最大の目的は筋肉をつけること。筋肉が付いた結果がダイエットに繋がります。

痩せるには基礎代謝が上がれば良いという話を聞いたことがあると思います。

筋トレで、体の筋肉をつければ基礎代謝が上がります。

基礎代謝が上がれば消費カロリーが増えて減量できます。筋トレで筋肉をつけてかこいい体造りを兼ねたダイエットができます。

ダイエット:メインの運動はランニングより筋トレがおすすめ

ダイエットより筋トレが良い5つのポイント

  1. 基礎代謝が上がり痩せやすい体を造る
  2. 筋肉がつき体のラインがきれいになる
  3. 食事制限はランニングより楽ちん
  4. 運動時間もランニングより少ない
  5. 筋トレのほうが故障しない(体験談)

基礎代謝が上がれば、カロリーを消費しやすい体になるので、寝る時間も入れて24時間筋肉をつけた効果が発揮されます。

筋肉は裏切らない?メリハリのある体が造れます。

男性は厚い胸板や筋割れた腹筋があこがれですよね。

また、食事に関しては、基礎代謝が上がる分だけ摂取カロリーを増やせます。

摂取カロリーと消費カロリーをプラマイ0で管理する限り、体重の増加はないので筋トレをして筋肉をつければ食べる量も増えます。また、筋肉アップにタンパク質はかかせないので肉は積極的に食べれます。

食事がしっかりとれるので、ダイエットしながら健康にも良いのが筋トレです。

筋トレとランニング

ダイエットは、筋トレとランニングの合わせ技が最強で最高です。ただし、オーバートレーニングもありえるのでランニングの負荷には注意してください。

筋トレのメリットは、前文の通りでが体を変えて健康に痩せます。しかし、ガラッと肉体を変えなければいけないため痩せるのに時間がかかります。直ぐに痩せたいならば、筋トレのあとの有酸素運動が効果的です。
体造り
1度筋肉がつけば基礎代謝が上がり、筋肉がなかった体のときよりも太りにくい体が造れます。

理想の体を造るための肉体改造には時間がかかります。

時間がかかっても、理想的な体型を手に入れることが可能な筋トレダイエットがおすすめです!

筋トレとランニングどっちから?
筋トレとランニングは、筋トレからはじめてランニングです。つまり、無酸素運動の後に有酸素運動をやりましょう。

さいごに

正しい知識や情報は、ダイエット継続に効果抜群です。

1日1回は体重計に乗りチェックし、1週間に1回はウエストを測定してみて下さい。少しのマイナス数値が目に見えると嬉しいので、やる気が続きます。けっこう大事です。

ランニングのオーバートレーニングはとくに気をつけましょう。いきなり走ることで膝や腰を痛めてしまいます。

本当に筋トレは良いですよ。

直ぐにできるので、ぜひ筋トレをはじめて見てください!

-美容と健康
-

© 2020 エンジョイDays