宮島観光

宮島観光の厳島神社を見て回る所要時間やおすすめグルメ

2016年4月20日

宮島の干潮時の大鳥居を下から撮った写真

世界遺産の宮島は国内外から多くの観光客が訪れる場所です。

海に囲まれた日本三景のひとつ、厳島神社について、見て回るときの所要時間や参拝、その後も含めて十分楽しめるよう宮島に行った経験を生かして紹介します。

また、宮島のおすすめグルメについてお店を厳選して紹介しました。

読んでみて下さい。

スポンサーリンク

宮島観光の厳島神社を見て回る所要時間

厳島神社は、宮島に渡って桟橋から約15分程度周りを眺めながら歩くと到着します。

宮島観光

厳島神社を参拝するだけの宮島観光なら、異動時間も含めて1時間半あれば大丈夫です。

しかし、参拝後に宮島の名物料理や表参道商店街のグルメを楽しむのであれば、1時間半プラス2時間(合計3時間半)は余裕を持っておくといいと思います。

神社
拝観料金

大人 300円
高校生 200円
中学生,小学生 100円

参拝時間

1月1日 0:00~18:30
1月2日,1月3日 6:30~18:30
1月4日~2月末 6:30~17:30
3月1日~10月14日 6:30~18:00
10月15日~11月30日 6:30~17:30
12月1日~12月31日 6:30~17:00

※閉館時間は季節によって異なる
(17:00か17:30)

神社の歴史は、推古天皇の時代6世紀末に創建されました。1400年の歴史ある日本でも指折りの神社となっています。厳島神社が今の姿になってたのは、平清盛が安芸守になってからだと伝わっていて、その当時からは約870年が経ちます。

 

いつ見ても素晴らしい社殿は、海岸と海の上に柱を設けて作られた神社です。(社殿は、海底に置いた礎の上に柱を建てています)

厳島神社の見どころ

  • 壁がなく眺めがいい長さ275メートルの廻廊
  • 三女神が祭られている本社
  • 高舞台(国宝)
  • 火焼前(大鳥居を撮る屈指の撮影場所)
  • 海に建つ日本に唯一の能舞台

 

 押さえておきたいポイント 

厳島神社は潮位によって見え方が変わるという特徴があります。満潮時には海に浮かんでいるように見えるので、観光のタイミングが調度良かったら楽しみにしてください。

スポンサーリンク

宮島観光の厳島神社のおすすめルート

 厳島神社を参拝しただけではもったいない 

朱塗りの大鳥居に近づいてじっくり見るのはおすすめです。

※現在大鳥居は改修中で近づけません。


ここの浅瀬は、干満の差が大きく潮が引くと近付いて大鳥居の下を歩けます。海側から社殿を見たり、撮影したりしても良い思い出になると思います。

平清盛の時代は、船で参拝していたとか。

前の通り、海水があってもなくても大鳥居には近づけるので、大接近プランを計画に入れて時間をとってみてはいかがですか。

近県からの観光であれば、「次回大鳥居に行こう」となるのですが、遠くからの観光の人は最初に検討しておきたいところなので考えてみておくといいかもしれません。

舟で大鳥居に近付く

ろかい舟(昼)
人力の舟で大鳥居をくぐる
くぐるには潮位が必要
時間10:00~15:00頃
所要時間約20分
乗船料大人1000円、4歳~小学生まで500円
宮島遊覧観光
電話0829-78-1419
世界遺産の島に宿泊する方におすすめ!

屋形船(夜)
ライトアップされた大鳥居はとても綺麗
満潮時にはくぐれる
時間17:55~21:15(40分毎)
所要時間30分
乗船料大人1600円,5歳~小学生まで800円
宮島参拝遊覧
電話0829-44-0888

宮島の厳島神社周辺観光で弥山を紹介しています。

宮島のフェリー料金と定番のお土産ついて書いています。

宮島で味わってほしい食べ物と海に近いホテルについて紹介しています。

宮島観光のグルメといったら?

宮島名物アナゴめしですよね

 身が太く、やわらかい広島湾のアナゴは脂がのって美味しい! 

島に渡る前の宮島口の有名店は、みんなが一度は行ってみたいアナゴ飯の有名店です。

『うえの』


百年の歴史がある老舗なので、アナゴ味とお店の歴史を堪能されてみてはいかがでしょうか。

アナゴのだしで炊くご飯に香ばしく焼いたアナゴが敷き詰められているのが特徴で、白焼きやかば焼きなどの折り箱に入ったお弁当も買えます。

無休ですが水曜日はお弁当のみ

営業時間
10:00~18:30 弁当は9:00~
JR宮島口駅からすぐ

次は宮島に渡ってからの人気の食事処 牡蠣屋


殻のついた、大きめの牡蠣を食べれるお店で、牡蠣は、地御前かきを使う広島牡蠣を楽しめる場所です。

カウンターもあって、1人でも入りやすいお店の造りになっています。

営業時間は、10:00~18:00(時期により変動あり)
不定休のお店なので、旅行前にチェック!

厳島の人気店 ふじたや

広島のお米と天然のアナゴがコラボするホクホクの丼が特徴です。(有名店だけに休日なら数時間待つ覚悟は必要なお店。)

なので、時間に余裕があるかどうも大切になってきます。

時間はかかっても「ふじたやで食べたい」と楽しみにして宮島観光に来るお客もたくさんいるようです。

宮島の厳島神社観光のまとめ

エンジョイDays宮島観光おすすめプラン

例えばの広島~宮島1泊2日のプラン

1日目10:00広島駅に到着

●チンチン電車に乗って20分原爆ドームや平和記念公園を見学し、おりづるタワー(向かう宮島が見えます)で広島市の景色を楽しみます。

1日目12:00世界遺産航路で宮島に向かいます。

●平和記念公園と宮島を結ぶ所要時間約45分の高速船。

1日目17:00宮島へ到着し宮島内のホテルへ宿泊します。

●夜に屋形船でライトアップされた宮島厳島神社を楽しみます。

翌朝
2日目6:30厳島神社を早朝参拝します。

●周辺を散策

2日目11:00弥山山頂へ(徒歩で余裕をみて120分)帰りはロープウェイ

2日目12:00宮島表参道商店街で昼食やお土産を見て歩く

●揚げもみじ饅頭を楽しむ

2日目15:00広島駅へ

●広島や宮島旅行、厳島神社の参拝を思い残すことなく、楽しめるようなプランです。

宮島の宿 口コミ情報はこちらから
宮島は、ゆっくり観たり散歩したりができる素晴らしい観光地です。

景観が良く、美味しい食べ物も待っていますので、観光の所要時間を参考にして計画してみてください。

良い思い出になるのは間違いないと思います!!!

  • この記事を書いた人

リュウス

もうすぐ母の日

-宮島観光
-,

Copyright© エンジョイDays , 2020 All Rights Reserved.