体験談

忘れ物の記憶がない忘れないための7つ対策【改善したい人向け】

2020年3月1日

【解決】忘れ物が多いときの7つ対策方法【わかりやすく解説します】
Aさんの悩み
忘れ物の記憶がない。記憶がなくなって忘れ物をすることが多いので改善したい。

忘れ物を減らす対策はないかな?

こういった疑問に答えます。

忘れ物の7つの対策は、今すぐにできることばかりなので試してみてください。

スポンサーリンク

忘れ物の記憶がない忘れないための7つ対策【改善したい人向け】

物の置き場所を決める

物の住所を決めてみましょう。

生活の中で忘れ物が自然になくなるようにするため、物の置き場所は物を使う場所の近くにおくといいですよ。

どこに何を置くか、動線を意識する!

  • 玄関:家や車の鍵、帽子や手袋など出かける直前に必要な物を置きます。
  • クローゼット中:携帯や財布(ポケットに小物を入れたままだと忘れ物の原因になる。)
  • 鞄の中:いつも持ち歩く物(ポーチの中に入れてまとめておく。)

スポンサーリンク

メモを取る

忘れ物対策の基本となるのがメモ取りです。

ただ聞くだけより、体を使って記憶させることで頭に残りやすくなります。メモが残っているのであとからくり返し確認もできるところも良い点です。

声に出して言う

忘れてはいけない物を声に出して自分で確認をします。

忘れ物をしないかを相手と一緒に確認ができるメリットもあるので、声に出して言うことを実践してみてください。記憶に残りやすくなります。

スマホやパソコンでスケジュール管理をする

カレンダーや手帳よりも、手で使う機会が多いスマホやパソコンでスケジュール管理をすることで忘れにくくなります。

見る場所を決める

いつも見る場所を決めて見る場所に必要な物置いたり、メモしたりします。

せっかくのメモを忘れたら意味がなくなります。なので、普段の生活で必ず目に付く場所に掲示してみましょう。

行動を振り返る

持ち物チェックを事前におこないます。

寝る前か朝起きてすぐにやることで、忘れ物がないかチェックできます。

ただし、直前で行うとうっかり別のことを忘れる可能性があるので、時間に余裕があるときに行動を振り返りましょう。

持ち歩く物を最小限にする

忘れ物をしないために、多くの物を持ち歩かないようにします。

いつも持ち歩く物が少ないので、持ち物が増えても覚えやすく忘れにくくなります。

忘れ物が多い対策【行動パターンの見直し】

忘れ物が多い対策【行動パターンの見直し】

忘れ物をするという同じ失敗を繰り返さないように、起こした行動の始まりからさかのぼり行動パターンを見直してみましょう。

無意識の行動に意識を向ける努力をして、なぜ忘れ物をしたのだろうと考えたときに次はどうしたら忘れ物をしないかを考えてみましょう。

忘れ物の記憶がない忘れないための7つの対策まとめ

  1. 物の置き場所を決める
  2. メモを取る
  3. 声に出して言う
  4. スケジュール管理をする
  5. 見る場所を決める
  6. 行動を振り返る
  7. 持ち歩く物を最小限にする

忘れ物のミスは誰にでもあります。 けれども、うっかりのミスが続くと信頼を失うときもあるので忘れ物の対策を意識して改善していきましょう。 行動が習慣になるまで頑張ってみましょう。

習慣で忘れ物が改善されます。

  • この記事を書いた人

リュウス

もうすぐ母の日

母の日の家電プレゼントランキング【実用的で長く使える3つを厳選】 1

母の日は、「お母さんに家電をプレゼンしよう」と決めた。   けれども何がいいかなと迷っているあなたに、もらうと喜ばれて必ず使ってもらえる電 ...

母の日花以外 2

母の日は贈り物に迷いますね。 ここでは、母の日の贈り物を花以外にしてみようという方に喜ばれるプレゼントをリサーチしました。 50代のお母さんへプレゼ ...

母の日5000円のプレゼント 3

母の日のプレゼントはお母さんが絶対に喜ぶものを贈りたい。   お母さんの笑顔とあなたの思いが届くように、母の日のプレゼントを予算5000円 ...

母の日2000円前後 4

2000円でも、もらって嬉しいプレゼントはあります!   お母さんに喜んでもらえるプレゼントを紹介します。   5月は母の日です ...

-体験談
-

Copyright© エンジョイDays , 2020 All Rights Reserved.