美容と健康

花粉の飛散が少ない時間帯や2017年の予測と早めの予防

2017年の花粉の飛散量は近年と比較して多いみたいですね。

家庭や職場でも今年は、花粉の量が多いと話が出ていないですか?

今回は、花粉症の人や自分は大丈夫だけど子供のために花粉が気になるというあなた
に、24時間で花粉が少ない時間帯や2017年はどれくらい多いのって内容です。

ぜひ、チェックしてみてください。

スポンサーリンク

花粉の飛散が少ない時間帯

花粉は、朝、昼、夜のどの時間帯が少ないか?

ということなんですが、

暖かくなると花粉は植物から離れて飛散すると言われているので夜が少ない時間にな
る。

あとは、車や自転車のタイヤや人が歩くことでで落ちている花粉が飛散するため、動
きの減る夜は減るんですね。

夜でも 朝方の2~5時頃 が特に花粉の飛散が減る時間帯(さらに、人の動きがなくな
るため花粉の飛散が少ない)。

で、逆に お昼頃から15時や夕方は花粉が多く飛びます。 

※上空に舞い上がった花粉は夕方落ちてくる

都会の花粉が多いのは、車や人が多い影響を受けているといえる。

雨の日の飛散は?

雨の日でも安心はできません。

雨=飛散が少ないとは言えないからです。

雨によって花粉は地面に落ち、落ちた花粉は、乾くと舞い上がりますし、雨が降って
いない地域から花粉は飛んでくるため。

 なので、花粉対策のマスクはいつも通りで!   

強い雨が降り続いて流れてくれれば、花粉の飛散は減りますね。

スポンサーリンク

花粉の飛散2017年予測

バッド ニュース ファーストという言葉があって悪い知らせは、早く報告しようっ
てことなんですけど

どうやら、2017年の花粉の飛散予測

 昨年よりも3~4倍近く多いとニュースで言われていますね。   

ここ3年(2014年~2016年)は、比較的花粉の飛散が少なかったみたいです。

なので、4年ぶりに花粉が飛びまくるって感じです。

今年は、いつもより強力な準備が必要かもしれません。

自分に合う花粉症対策を考えたいですね。

花粉の飛散はどうして予測できるの?

花粉は、外に置いたスライドガラスにくっついた量を顕微鏡で数えて飛散量を推測し
たり、観測機で測定したりです。

既に今年の花粉量が多いと予測できているのは、こういった分析のおかげ予測できて
います。

花粉症の予防

花粉症の予防としては、最新の情報をテレビやアプリ、ラジオなどで察知し、前も
ってかかりつけの病院に受診されるのが予防になると思うんです。

目的は、診察と先生の話と処方箋ですね。

かかりつけの病院とは、内科や眼科、耳鼻咽喉科など。

鼻の症状を緩和することをが目的なら、鼻水吸引のある耳鼻咽喉科が良いですね。

耳鼻咽喉科の鼻吸引はとてもありがたいので、自分も鼻炎のとき助かっている。

あれ花粉症かな?対策や鼻スチームについて詳しく紹介しています。

さいごに

2017年は4年ぶりに花粉の飛散が多く、今年はいつも以上に強力な対策が良さそうで
す。

昼頃~15時や夕方は花粉の飛散が多い

夜は少ない、特に朝方2時~5時。

最新の情報をもとに、はやめ、はやめの対策で出来る限り予防していきましょう。

-美容と健康
-,

© 2020 エンジョイDays