おすすめの情報

クーラーボックスの保冷力アップや保冷材の比較選び方のコツ

クーラーボックスにいっぱい入ったアジ

クーラーボックスの保冷力は冷たい飲み物や魚、食材を保管する場合に重要ですね。

ここでは、クーラーボックスの保冷力アップや4種類の保冷材を比較しました。

また、クーラーボックスの選び方のコツについてご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

 

クーラーボックスの保冷力アップのコツ

クーラーボックスは、外側の熱を内側に伝わりにくいようして、内部の温度を保ちま
す。

クーラーボックスの保冷力は、中に入れた物を冷やす力ではなくて、内側の温度を保
つ力です。

保冷力をアップさせるためには次のことが重要です。

密封性が良くする

断熱性を良くする

使い方としては、直射日光に当てないように日陰に置くことやフタを開ける回数をで
きる限り減らすこと

中に保冷材を入れ、空間スペースをできるだけ作らないようにすることが内側の低い
温度を維持できるポイントになります。

スポンサーリンク

クーラーボックスの保冷力 保冷材の比較

保冷材を選ぶコツ

保冷材は、早く冷やす必要があるのか?

冷えた物をどれだけ長く冷やす必要があるのか?

クーラーの中に入れる保冷材は次のようなものがあります。

  • 保冷剤
  • ペットボトル氷(ペットボトルに水を入れて凍らせた物)
  • 製氷機で作られた小さい氷
  • 塩と氷(海水や家で作った塩水と氷)

保冷剤

水は0度で氷です、保冷剤の中に入っている薬剤は、マイナス温度になるものがあり
ます。

保冷できる時間は、長いというメリットがありますが冷やす速度は遅い

ペットボトル氷

製氷機で作られた小さい氷に比べて溶けにくいという特徴があります。

中に入れたものを冷やす速度は遅い

製氷機で作られた小さい氷

内容物に触れる面積が大きく冷やす速度が早い。

一方で、小さい氷のため溶やすく保冷時間は短い

塩と氷(海水や家で作った塩水と氷)

この中では、最も早い速度で冷やすことができます。

溶ける速さも一番早い

基本的には、物と物が接触すると、それぞれが持っている熱が移動して温度が近づい
ていくんですね。

冷やしたい物に触れる面積が大きいほど早く冷やせます。

※大きい氷ほど、触れる面積が小さい

氷を使って早く冷やせるということは、氷が早く溶けるということにもなります。

次にクーラーボックスの選び方のコツをご紹介します。

クーラーボックスを選ぶコツ

クーラーボックスを選ぶには!

クーラーボックスは、「大は小を兼ねる」ということわざの通りで使える範囲で大き
いサイズをおすすめします。

ただ、頻繁に移動させる場合においては、移動の距離を考えて選びましょう。

船釣り

小さい方が良さそうに思えますが、車で運んで船に乗せるという意味では移動させる
距離は案外問題になりません。

断熱性が良い素材を選んだとしても、容器が小さいことで保冷時間が短くなります。
(頻繁に開け閉めがあればとくに保冷時間が短縮する)

あと、使用する時間で選ぶという考え方も必要です。

たとえば、保冷時間が短くても問題ないときは、簡易のソフトな素材のクーラーな
んかでも十分対応できます。

最強の保冷力を持ったクーラーってなんだろう?

と思うのではないですか。

実際はある一定の使い方をしてみて比較しないとわかりません。

最強のクーラーを予測すると、密封性能が良く断熱材(真空パネル)を全面に使った
一番大きいクーラーが最強になるでしょう。

しかし、間違った使い方は、最強の保冷力を持ったクーラーであっても直ぐに中の氷
が溶けてしまいます。

選び方のコツをまとめると、

使う時間や開閉の頻度、移動させる距離を考慮して最大サイズを選ぶ

楽天で人気のアウトドア用クーラー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【在庫有り】【送料無料】日本未発売 コールマン クーラーボックス ラギッド ホイールクーラー/55QT 【容量約52L】 大容量 大型 保冷 キャスター付き アウトドア レジャー ビーチ スポーツ バーベキュー 釣り フィッシング Coleman Wheeled Cooler
価格:19980円(税込、送料無料) (2017/2/11時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマノ フィクセル プレミアム 300 ZF-030N (アイスホワイト) / クーラーボックス
価格:38178円(税込、送料無料) (2017/2/11時点)

さいごに

クーラーボックスがあったらいいのになあ、というのは魚釣りやスポーツ観戦、高速
道路の渋滞などさまざまです。

使用時間や移動させる距離を考慮して、できるだけ大きいクーラーを選びましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

リュウス

サッカー歴23年海外サッカー大好きのリュウスです。 サッカーや動画配信サービスに関してのイチオシ情報を記事にしています。 ぜひ、参考に読み進めてください!

-おすすめの情報
-,

© 2020 リュウスログ