おすすめの情報

暑い日のお弁当対策のコツ おかずや簡単ご飯レシピや温度管理

この夏は、猛暑ですね。

暑い日は、お弁当が腐らないか気になってしまいます。

毎日のお弁当や運動会や遠足で特別に作るお弁当、これらも暑いとお弁当がお昼まで持つの?

と考えてしまうと思います。

ここでは、暑い日のお弁当対策腐らないようにする簡単なコツ温度管理についてまとめました。

読んでみてください。

スポンサーリンク

暑い日のお弁当を腐らないようにするコツ

お弁当にご飯やおかずを詰めるときは、中にいれるもの全てを十分に冷ましてから!

暑い日のお弁当を腐らないようにするコツ

温かいご飯を詰めたら、ご飯の熱を取ります。しっかり冷めるのを待って作り置きしているおかずを詰めるようにします。

水分が出るものは、傷みやすいのでさけるようにします。

味付けが、濃いものは傷みにくいため、作り置きするおかずで活躍するのは煮物類です。例えば、筑前煮は、お弁当のおかずに良いですね。他には、切干大根やきんぴら、にくじゃがもいいですね。

卵や肉について


出汁巻き卵で味を濃くすることで冷蔵でも二日くらいは持ちます。


ハンバーグの日は、お弁当用に小さいものを一緒に作ります。焼いてからラップにをして冷凍にしておきましょう。漬け汁に漬け込むものは、漬けたままで二日くらい持は持ちます。

おかずを腐らないようにするコツ

お弁当は冷ましてから詰める、味付けは濃くする、作り置きは冷凍で保存する

我が家の経験上、おかずは、熱がしっかり通って、味付けがしてあれば、冷蔵庫で二日以内の保存は大丈夫です。

スポンサーリンク

暑い日のお弁当 ワンポイント簡単ご飯レシピ

夏になったら、梅干やお酢を入れてご飯を炊く!

梅干は、お弁当の中心に置くのも一つの方法ですが、塩分が高めですよね、塩分も抑えて殺菌効果を持たせるご飯の炊き方は、梅干を中に入れて一緒に炊くことです。

さっそく作り方

お米を研いだあと、梅干を入れて一緒に炊く

たったこれだけです。殺菌効果の高いご飯の出来上がり。

※殺菌力が強くはなりますが、保存状態や時間によっては腐ります。

梅干と一緒に炊くことで、腐らないのではなく、殺菌効果で腐りにくくなる予防と思ってください。

梅干がないときは、お酢をたらしても効果があります。小さじ1~2杯炊きあがって食べても、お酢の匂いはほとんどしません。

まとめ

梅干を1個入れて炊く
お酢を小さじ1~2杯入れて炊く

暑い日のお弁当の温度管理のコツ

お弁当を長持ちさせる温度管理は二択です。

二択とは

冷たい状態で保存するか、熱い状態で保存するか

冷たい状態の保存

・ご飯を冷凍する。(職場でレンジが必要)

・お弁当を保冷パックに入れる

・お弁当の上下左右に保冷剤を添える

熱い状態で保存

サーモスのランチジャーを使う

・ご飯やスープを出来たてを入れて保存する。

お弁当は早めに食べること(6時間以内)、おかずはしっかり冷ますこと

フードコンテナ サーモス 500ml送料無料 あす楽対応 0.50L 保温 保冷 JBM-500 フードジャー フードコンテナー スープマグボトル お弁当箱 ランチボックス THERMOS ブラック グリーン【D】【FK】【RCP】
価格:3281円(税込、送料無料)

 

「腐る=細菌が増える」ということですね。細菌を増やさないようにすることが

お弁当を長持ちさせます。

そもそも夏の暑い日がなぜ腐るのか?

細菌の活動しやすい温度になるからです。

25℃~40℃までが腐りやすい温度です。ただ、細菌の種類は多いので低い温度で活動する細菌も存在するのでお弁当はできるだけ早く、きちんとした温度管理をしましょう。

さいごに

「これくらい大丈夫だろう」と思っても、気温の高いところで保存したり、中の水気が多かったりでお弁当が傷みます。

作り方と保存方法に注意すれば、いつも安心して美味しくお弁当を食べれますので参考にしてみてください。

お弁当って1日の中でも楽しみな時間です。

作るのは大変ですが、愛情が入ったお弁当は旦那さん、お子さんの力になっていると思います。

ここまで読んでもらってうれしいです。ありがとうございました。

夏に読まれる記事

・学校で熱中症はなぜ起こるのか?親から先生へのお願いごと

・子供が日焼けで赤くなるときに必要なケアとは?病院へは?

・夏に植える野菜 家庭菜園で初心者が畑で簡単に作れるもの

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

リュウス

サッカー歴23年海外サッカー大好きのリュウスです。 サッカーや動画配信サービスに関してのイチオシ情報を記事にしています。 ぜひ、参考に読み進めてください!

-おすすめの情報
-,

© 2020 リュウスログ