おすすめの情報をリサーチ,体験して届ける

エンジョイDays

体験談

中学生に勉強させるには?親ができること、息子に伝えたこと

投稿日:

コップの中に水を溜める

https://earnestmode.com

子供が中学生になれば、いよいよ受験勉強に向かってスタートですね。

中学生に勉強をさせるにはどうしたらいいのか、親ができることは、など悩みますね。

お子さんは、勉強が嫌いですか。

自分の息子は、勉強が嫌いです。勉強よりゲームが何倍も好きな男子に育っています。

子供には、しっかり勉強をしてもらいたいけど、なかなかアドバイスがうまくできないですね。

ここでは、受験勉強を目指す中学生が、勉強の大切さに気付けるように、アドバイスをした例え話を紹介しています。

高校受験に向けて1年生のときからコツコツ勉強するように、という想いをこめて息子に話した内容です。

読んでみてください。

スポンサーリンク

中学生の子供に勉強させるには

目標を持って、自主的に勉強に取り組む姿勢があれば安心ですね。

ただ、なかなかそうはいきません。

まだ、将来のことを決めてなかったり、先がわからなかったりしていると思います。なぜなら、目の前のゲームや遊びに夢中になっているので。

親としては、勉強は絶対にやっておいたほうがいいと思っても、子供にはなんのことやらですね。

「中学生のときの勉強は大事」

このことをなんとか、子供に伝えたいですね。

そこで、3年後の高校受験へ向けて、どんな感じで子供にアドバイスをしたら、勉強に取り組んでもらえるのかを考えました。

息子(中学1年生)に勉強させるために話をして、納得してもらった話です。

以下が、「コップの中の水」に例えた話です。

中学生が勉強をコツコツやるための例え-1

中学生が勉強をコツコツやるための例え-1

中学生が勉強をコツコツやるための例え-2

中学生が勉強をコツコツやるための例え-2

息子:太郎くん(仮名)ねぇ、太郎くん、ちょっと大事な話を聞いてくれる。

コップの中に水を溜める

コップの中に水を溜める

ここにね、コップがあるの、凄く小さいコップと、中くらいのコップ、そして大きいコップ。

コップの中に水を注いで溜めていくと、中身がいっぱいになるよね。

最初に、この溜まる水を国語や数学の勉強と思ってほしいの。

たくさん勉強して学力が身についたら、コップの中の水が少しずつ増えて溜まるのと同じこと。

例えば、大きいコップの水がいっぱいになると、大学を目指せるような受験が難しい高校に合格できる。中くらいのコップなら、少し勉強をやっておかないと合格できない高校、そして小さいコップはみんなが入れる高校。

勉強して学力が身につく=コップの水が溜まることだから

コップの水をいっぱいにすれば目標とする行きたい高校に入れるようになるの。

小さいコップに水を貯めようと思ったら、いつ勉強をはじめてもコップの水はすぐに溜まって高校に合格できる。

でもね、一番大きいコップに水を溜めようと思ったら、1年生のときからコツコツ勉強をしておかないと、高校受験が来たときにコップの水がいっぱいになってないから行きたい高校に合格できないんだよ。

3年生なってから勉強をはじめたときは、中くらいのコップまでなら、なんとかコップの水をいっぱいにできるかもしれない。

仮に、勉強を全くしなかったら、当然コップの水は空っぽのまんまだから高校にはいけないよ。

だから、1年生のときから、コツコツ勉強をして大きいコップの水をいっぱいにしたらどうかな?

頑張ればできるし、どんな高校にも行けるから。

普段なら、「いいから、いいから」と言われて話を聞いてもらえませんが、このときだけは息子が真剣に話を聞いてくれました。

この話は効果あり?と手ごたえを感じました。

スポンサーリンク

中学生の勉強で親ができること

親ができることは、しっかりと子に向き合うことではないでしょうか。

将来は、何でもいいからやりたいことを仕事にできるような人に成長してほしいと思っています。社会人になってから、伸び伸び活躍するためには、中学生の勉強ってとても大事だと思うのです。

コツコツと頑張って力をつければ、山を登ることと一緒で見える景色が違って来ると思います。

きちんとやって、小さな1を積重ねて行けば必ず成長するはずです。

子は親の背中を見ていると思うので、一緒に成長していく気持ちを持っています。

大学に行きたいと思えば、行けばいいし、本人が進みたい道があれば必ずしも大学でなくてもOKです。とにかく自分の道を進んで人生を楽しんでもらいたいと願っています。

子供のいいところを伸ばしてやりたいですね。

さいごに

中学生がコツコツ勉強をして高校受験への準備ができるように、 「コップの中の水」という例え話でした。

時間はあるので、子供の気持ちを掴んで取り組んで行こうと思います。

中学生からの勉強は大切ですよね。焦らずに、あきらめずに受験勉強まで一緒に、頑張っていきましょう。

最後までありがとうございました。

関連記事

  • この記事を書いた人

リュウス

サッカー特集記事をチェック!

ロシアワールドカップ 1

「サッカー観戦の見方がわからない」 「サッカーの楽しみ方を知りたい」 という最近興味を持った、サッカー初心者の親御さんに、サッカーのルールや楽しみ方のここを押さえたら、面白さが倍増するというポイントを ...

イニエスタが好きなサッカー 2

天才イニエスタが日本に来る意味がわからない、というか信じられません。 来るかな~というウワサが出たときに「ウソだろ、絶対にない」 と思っていました。 もし、ヴィッセル神戸に加入となれば 「ありがとうイ ...

イニエスタが好きなサッカー 3

子供がサッカーをはじめたので、上手になってほしいという親御さんは多いと思います。 ここでは、サッカーが上手なるための3つの大事なポイントを紹介します。 大阪の国立大学出身の元サッカーコーチに突撃インタ ...

オフサイドになる場合を図解で表示 4

サッカーって面白いスポーツですね。 日本代表のやJリーグの盛り上がりでサッカーファンも年々増えているのかなという 印象を持っています。 ここでは、サッカーが好きだけどオフサイドはついては、まだわからな ...

-体験談
-,

Copyright© エンジョイDays , 2019 All Rights Reserved.