おすすめの情報をリサーチ,体験して届ける

エンジョイDays

体験談

自転車の点検 重要な7つの項目をピックアップいつも安全に

投稿日:2018年3月23日 更新日:

自転車の点検項目

お子さんの自転車は、点検や整備を定期的に実施して、いつも安全にしておきたいですね。

車と同じで自転車も点検は欠かせません。

「自転車なら大丈夫だろう」、とか「大きな事故につながらないだろう」という思い込みでは、自転車の悪い変化に気付かないままになります。

ここでは、お子さんが自転車を安全に乗るために重要な7つの項目をピックアップしました。

きちんと点検をして良いコンデションをつくってあげましょう。

スポンサーリンク

自転車の点検項目 重要な7つのポイント

自転車を安全に乗るためには点検が欠かせません。重要なポイントを7つピックアップしました。

  • ブレーキ
  • ライト
  • タイヤ
  • ブレーキ
  • リフレクター(反射板)
  • チェーン
  • スポーク

点検の仕方となぜやるのか?

ブレーキ

前タイヤと後ろタイヤのブレーキの握り具合(ゆるくないか、きつくないか)を確認します。また、ブレーキパッドがタイヤに当たってないかと擦り減っていないか、チェックします。ブレーキをかけた常態で前後のタイヤがまわらないかも確認してください。

自転車の点検の中で、ブレーキの効き具合は最も重要です。実際にブレーキのチェックをしていないで事故になったケースはあります。どんなときも前後タイヤのブレーキのチェックは、忘れないでください。

ライト

センサーを感知させるか、前タイヤを動かして光るかをチェックしてください。

夜間の自転車の走行は、ライトなしでは考えられません。車のヘッドライトが見える距離はロービームで約40mです。(車は、本来はハイビームで走らないといけません。ハイビームで走っている車をみたことあるでしょうか。)

命にかかわる大事なチェック項目なので、夜間走行の前は、ライトが点灯するのか、確実にチェックしてください。

タイヤ

タイヤを指で押して空気圧を確認し、同時にひび割れや擦り減りもチェックします。

タイヤの空気圧は、走行の安定性に影響があります。空気圧が低いとカーブで不安定になりやすいです。また、タイヤが衝撃を強く受けるためパンクの原因になります。さらに、タイヤが受ける抵抗が上がるため前に進むのに強い力が必要になります。

リフレクター(後部の反射板)

一つ目に、きちんと付いているかチェックです。経験では知らないうちに外れていることがありました。二つ目に、角度のチェックです。角度の違いで反射しなかったり、光が遠くまで届かないので面が真っ直ぐになっているかチェックも忘れずに確認してみましょう。ほこりや傷で明るさに差も出ます。

車のヘッドライトで気付かせることができるか、できないかに影響する大事なポイントです。

チェーン

たるみが起きていないかを手で触ってチェックします。

錆を防ぐため定期的に油を差します。とくに雨のあとは油をさすように心がけてください。チェーンがたるむと、チェーンが外れる前なので、ガタガタ音がしていないか、確認してください。走行中にガタンっとなったらいつ外れてもおかしくありません。

走行中にチェーンが外れるとバランスを崩して危険です。なので、しっかりと確認しましょう。

スポーク

手で押さえて緩みがないかチェックしましょう。スポークの緩みチェックは、車輪を回したときに、車輪が左右に振れていたら、緩みがあるときです。

スポークの緩みは不安定な走行になりやすいので、注意しておきましょう。

スポンサーリンク

プラスの5つの点検項目

1.サドルやハンドルは緩みがないか。

2.ベルは鳴るのか。

3.カギは壊れていないか。

4.ペダルはガタついていないか。

5.ギヤはきちんと動くのか。

これらも一緒にチェックすることで、自転車を全体をしっかりとチェック出来るので、合わせて確認をしてみてください。(※すぐに点検が終わる項目です。)

ブレーキの効く効かないが、わかりやすい動画です。

自転車の点検頻度

点検頻度は、自転車に乗る前は必ず実施したいですね。お子さんの安全のためには大変重要なので。

自分は子供が出かけるときに、必ず実施しています。(直前ではなくても、点検は前日に出来ます。)

点検項目多いですよね。けれども安心してください。

やってみると案外簡単で時間もかかりません。なぜなら、ほとんど問題がないので「ここヨシ」、「ここもヨシ」でサクサク終わります。

一通りチェックして確認したら終わりです。

最初は子供もわからないと思うので、点検の知識がついてきたら、子供にやってもらいます。

ブレーキ一つとっても、車にぶつかる、ぶつからないは紙一重の状況も起こりえます。危険な状況にならないためにも小まめな点検は欠かせません。

自転車の点検のまとめ

自転車は、気軽に乗れて、さっとお出かけができるのが自転車の良いところですね。

お子さんがいつも安心して自転車に乗れるように確認してあげてください。

点検は決して難しくありません。

不安な部分が出てきたら、できる限りすぐに直したり、自転車屋に持って行ったりして問題を解決しましょう。

最後までありがとうございました。

自転車の関連記事

  • この記事を書いた人

リュウス

サッカー特集記事をチェック!

ロシアワールドカップ 1

「サッカー観戦の見方がわからない」 「サッカーの楽しみ方を知りたい」 という最近興味を持った、サッカー初心者の親御さんに、サッカーのルールや楽しみ方のここを押さえたら、面白さが倍増するというポイントを ...

イニエスタが好きなサッカー 2

天才イニエスタが日本に来る意味がわからない、というか信じられません。 来るかな~というウワサが出たときに「ウソだろ、絶対にない」 と思っていました。 もし、ヴィッセル神戸に加入となれば 「ありがとうイ ...

イニエスタが好きなサッカー 3

子供がサッカーをはじめたので、上手になってほしいという親御さんは多いと思います。 ここでは、サッカーが上手なるための3つの大事なポイントを紹介します。 大阪の国立大学出身の元サッカーコーチに突撃インタ ...

オフサイドになる場合を図解で表示 4

サッカーって面白いスポーツですね。 日本代表のやJリーグの盛り上がりでサッカーファンも年々増えているのかなという 印象を持っています。 ここでは、サッカーが好きだけどオフサイドはついては、まだわからな ...

-体験談
-,

Copyright© エンジョイDays , 2019 All Rights Reserved.